目の形を変えたい

エステティシャン

施術内容や人気の理由かどうか

最近は、二重に美容整形する人が増えてきています。昔に比べると、気軽にできることから美容整形外科などが賑わっていると言えるでしょう。また、二重にするときにそこまで費用がかからないことも、注目されている理由です。審美に関することもありますが、病気などによって二重にした方が良いこともあるでしょう。それぞれを見分けて見ていくと、審美に関するものとしては一重だった人が、可愛くなりたいので目の形を変えたいと希望して、手術を受ける場合があります。この場合の特徴は、基本的に保険等が適用されないことです。美容整形は、必ず保険が適用されないと考えている人がいるかもしれませんが、実際にはそのような事はなく場合によっては保険が適用されることを理解しておきましょう。どのようなときに保険が適用されるかと言えば、病気の場合になります。例えば、二重にするといっても眼瞼下垂症と呼ばれる病気の場合には、その手術をしなければ生活に支障をきたす可能性があります。眼瞼下垂症は、まぶたがたれてきて目が開きにくくなるだけでなく、頭痛や吐き気などが日常的に起こることがあるでしょう。このような悩みを抱えている場合は、切開法と呼ばれる方法で瞼の上を切って状態を良くするが一般的なやり方です。切開だと20万円位かかることもありますが、病気の場合には保険が適用されるため3割負担で良いことになります。そうすると、大幅に費用が安くなることが理解できるはずです。このように、目の形を変えたいと悩みを持っている場合だけでなく眼瞼下垂症などの医者も認める病気の場合には二重の美容整形はとても有効といえます。

二重の美容整形は人気がありますが、この人気の理由はいくつか考えられます。そのうちの1つ目は、費用が安いことでしょう。費用が安いといっても、昔と比べたら費用が安く感じるということです。まだ美容整形がそれほど流行していない頃は二重にするのもかなりの技術が必要でした。しかも、やり方が確立されていないため費用もかなり高かったのです。場合によっては、40万円から50万円位かかることもありました。ところが、技術的に進歩してきた現代においては、比較的簡単に目の形を変えることができています。例えば、昔ながらのやり方の切開法と呼ばれるメスを入れる方法でも25万円位の費用で両眼とも施術してくれるところが増えてきました。このやり方は、半永久的に効果が持続するため人気といえます。一方で、埋没法と呼ばれるやり方もあり、こちらの方が簡単に施術を行うことができます。埋没法は、上まぶたのところに糸を入れるだけですので10分から15分程度で終わらせることが可能でしょう。しかも、ダウンタイムが非常に短く化粧する場合でも翌日から行うことができるのがポイントです。そのため、次の日に仕事に行く場合や外出することが決まっている場合でもそれほど問題はありません。後は、目を横に広く見せる場合には目頭切開と呼ばれる方法があります。これは、鼻に近い部分の目に少しメスを入れて広げる方法です。これにより、目をパッチリ見せる効果がありそれだけで魅力的な顔になり得るでしょう。メスを入れますので、ダウンタイムは多少ありますが2週間もすれば元の状態に戻すことが可能です。