見た目を良くしたい場合

女性

メリットと効果を知る

二重整形をする場合には、それなりの費用がかかるものの自分に合った方法を見つければより良い結果を出すことができます。二重整形には、大きく分けて2種類の方法があります。一つは、埋没法と呼ばれる方法です。埋没法とは、医療用の糸を使い上の部分の瞼を糸でとめて二重にする方法をいます。この方法のメリットはなんといっても短時間で終わらすことができるほどです。昔のように大掛かりな手術とは異なり、わずか10分程度で終わりにすることもできるぐらいです。ただ、その人の肌の状態や医者が慣れているかどうかで多少時間は変わってきますがカウンセリングなどを入れても1時間以内に終わることがほとんどです。しかも、メスを入れないことも大きなメリットと言えるでしょう。いくらほかの人が見えない部分とはいえ、自分の顔にメスを入れることに抵抗を持っている人は少なくありません。この点埋没法の場合ならば、メスを一切れず理想の目に仕上げることができるため非常に好評になります。後は、ダウンタイムが短いことも大きな魅力といえるでしょう。これに対して、切開法の場合にはかなりきれいな二重にすることができる点に魅力があります。切開法は瞼のところにメスを入れることになります。この場合、糸でつり上げる場合と異なり半永久的に施術した状態を維持することができるわけです。そうすると、埋没層のように時間の経過とともに元の目に戻るようなことはありません。このように考えれば、一回当たりの費用が高かったとしても十分納得できるでしょう。

二重整形をする場合、埋没法と切開法では費用は異なりますが、それぞれ十分な効果が見受けられるでしょう。基本的に埋没法の場合には、完全に形を変えるわけではなく一時的に効果が持続する程度になります。とはいえ、1週間や2週間程度で糸が切れてしまうようなことはなく、基本的に半年から1年以上は元に戻らないことがほとんどになります。このように考えるならば、費用はかかるものの1年に一度ほど通うだけで、理想の状態をずっと維持することが可能になります。しかも医療技術は進歩していますので、昔の埋没法よりも最近利用されている埋没法の施術方法で行った方が長い間効果を持続させることが可能です。この場合、もし自分の目を元に戻したければそのまま効果が消えるのを待つだけです。これに対して、切開法は瞼にメスを入れて二重にする仕組みになります。効果は半永久的ですが、これを元に戻すことができないわけではありません。ただ、元に戻す場合にはそれなりの時間とお金がかかってしまうことが考えられるでしょう。このように考えれば、効果が長く持続することを理解してから依頼するべきです。美容整形外科の中には、切開法を得意としている医者もいます。一つの分野に精通している医者は様々な体験をしていますのでいざという時でも安心です。そのような医者にお願いすれば、自分の理想通りの目に仕上げてくれる可能性が高いです。ただ、そうはいっても元の顔の土台が人によって異なりますので、すべて理想通りにいくとは限りません。先生によっては、断ってくるようなところもありますのでこの場合にはもう一度考え直してみましょう。

目の形を変えたい

エステティシャン 二重整形をする時、埋没法と切開法では費用が異なり、埋没法は10万円以内で行うことが可能ですが、切開法は25万円位かかるでしょう。眼瞼下垂症の場合には保険が適用される可能性があります。人気の理由は、時間もかからず手軽にできることです。

詳しく見る

一重で悩んでいる人へ

注射器 二重の整形手術には費用が安い「埋没法」と「切開法」の2種類があります。同じ「埋没法」「切開法」であっても、病院やクリニックによって糸のかけ方・結び方、切開の仕方が異なります。将来の自分の顔や費用をよく考えて手術を受けるようにしましょう。

詳しく見る

短時間で行える施術

カウンセリング 美容の相談が出きるクリニックでは二重整形の施術も可能で、二つのプランから自分に合ったものを選べます。それぞれの特徴を調べておくのは大切ですが、特に整形手術をする時の費用の違いを理解しておかなければいけません。

詳しく見る